商品紹介

生産性向上と作業効率化の為、加工段取りの可能性を広げる特殊生爪です

コストパフォーマンスと段取り変革の生爪。カメチャック。
加工担当者様・製造・生産技術者様へ
六角生爪カメチャックは加工段取りの可能性を広げることができます。さらなる生産性向上・効率化のためにカメチャックは有効です。後工程を見据え、全体最適化した段取りを考えることができます。

・小径のピンやシャフトをチャッキングしてつかみたい。
・変形しないようにつかみたい。
・ワークの把握範囲を多くとりたい。
・ワークを傷つけにくいアルミ爪を使いたい。
・四角材や異形ワークをしっかりつかみたい。
・旋盤でひいた生爪をマシニングやフライス加工でも使いたいという要望にお応えします。

カメチャックとは

カメチャックは旋盤加工での作業を効率化するために開発した六角形の生瓜です。
親瓜と子瓜で構成されています。

特長1 六角形(ヘキサゴン,Hexagon)で割り出し

六角形の凹凸で位置決めできるのが特長です。
スクロール用では1コーナーあたりの単価で比較すると既存のアルミ製生爪より10分の1以上コストダウンできます。

特長2 小径ワーク把握

子爪先端が密着するので小径のピンやシャフトのようなワークをつかむことができます。

特長3 ワークが変形しにくい

六角形により幅広爪にように、しっかり外径の把握範囲を多くをつかめるのでワークが変形しにくい(三角、おむすび形状になりにくい)生爪です。

特長4 アルミ製の生爪(他材質有り)

生爪成型時の断続切削でも刃物の消耗を抑え、削りやすさや切削効率も鉄製より優れます。ワークを傷つけにくワークに優しい生爪です。

旋盤・フライス・マシニング・5軸加工機用スクロールチャック対応製品

<スクロールチャック用親爪寸法図>

スクロールチャック用親爪規格

各メーカーや各チャック仕様に合わせて製作致します。

サイズABCDEFGH
7インチ7.9412.6844.453.012.020.044.085.0
9・10インチ12.719.054.03.012.020.044.095.0
12インチ12.719.063.53.012.020.044.0105.0

スクロールチャック用子爪規格

六角子爪は鉄製、アルミ製、その他材質あります。
六角部は両側(W)です。片側(S)選択できます。
材質は鉄(ST)、アルミ(AL)、その他(ステン、真鍮)可能です。

規格ABCD
KC65W653740M12

普通旋盤スクロールチャック用生爪のカメチャック

フライスやマシニング、五軸加工機で使える六角生爪

NC旋盤用油圧パワーチャック対応製品

<パワーチャック用親爪寸法図>
NC旋盤用油圧パワーチャック用対応カメチャック寸法図

パワーチャック用親爪規格

各メーカーや各チャック仕様に合わせて製作致します。

サイズABCDEFGHI
6インチ6346252537.512M10512
8インチ7446302537.512M12514
10インチ7446302537.512M12516
12インチ806535254712M14/M16518/21

パワーチャック用子爪規格

NC旋盤パワーチャック用子爪|カメチャック
六角部は片側(S)タイプです。各メーカーや各チャックの仕様によって変更あります。

材質は鉄(ST)。その他(ステン、真鍮、アルミ)可能です。
標準規格品の他にオーダー製作致します。

規格ABCD
KC85S8548.940M12
KC100S10057.540M12

CNC旋盤の六角生爪
油圧チャックに対応したカメチャックです。最大6カ所成型可能で幅広生爪のように利用することができます。中空チャックでも小径ワークをチャッキング可能。最大6コーナー小径ワーク用に成型することができます。幅広爪として歪ませたくない薄物加工や特殊形状ワーク、異形状ワークにご利用頂けます。

2018年:第29回大田区中小企業新製品・新技術コンクール奨励賞受賞

最大12コーナー成型可能な六角生爪によるチャッキング技術の開発

六角形の凹凸により位置決めと保持

本製品は旋盤やマシニングで使用されるスクロールチャック本体に取り付ける。ベースとなる親爪と交換可能な子爪から構成される。締結方法として六角形の凹凸により位置決めと保持ができるように考案した。旋盤で成型した六角生爪は、後工程のマシニング加工で使用出来るように成型する事で共用もできる。
六角生爪は3つの子爪の先端が密着する形状であり、小径のワークを加工する際に有効。また子爪が密着することで、ワークの把握範囲が多くとれる為、把握する際のひずみを抑え、薄物加工にも有効。親爪を反転させる事で大径ワークにも利用できる。

仕様・外観・形状について

予告なく製品の外観・形状、公差等仕様を変更する場合がございますのでお問い合わせください。

ページ上部へ戻る