スクロール用カメチャックの用途のご提案

機械加工担当者様・製造生産技術者様へ

スクロール用六角生爪カメチャックは旋盤、フライス、マシニング、5軸加工機などのワーククランプ、チャッキングで使える固定冶具です。

六角形の利点を活かし、小径ワークや薄物ワーク、異形状ワークなどに利用できます。また六角形の凹凸で親爪と子爪を位置決め固定しているため、1個の生爪で複数コーナーを成型して使用することができます。さらに旋盤で成型した生爪をマシニング工程で使用できるように互換性を持たせることもでき段取りの省力化につながります。
旋盤スクロールチャック用アルミ製六角生爪

六角形を活かしたチャッキング


【互換性をもたせる】
旋盤で成型してワークを加工。その成型した子爪をマシニングに持っていき、後工程でそのまま取り付けて加工するという事も可能です。

【ひずみ対策として】
六角の先端が密着するので小径ワークはもちろん得意なのですが、幅広生爪のように把握範囲を多くとれるため、薄物加工やひずみ対策が必要なワークに使用できます。

【逆爪】
ベースの親爪を反転させてチャック本体に取り付けることで大径ワークもつかむことができます。

【小径ワーク】

カメチャックの六角子爪が最も得意なワークです。6コーナーそれぞれ小径ワーク用に成型できます。
スクロールチャック用生爪で小径ワークを加工スクロールチャックで小径ワークをクランプ固定。

【アルミ製の子爪】

子爪は鉄製やアルミ製を揃えており、他の材質も製作対応致します。アルミを生爪にすると、鉄と比較して圧倒的に削りやすくなります。

生爪成型は断続切削となりますが、鉄の生爪と比べて刃先への負担が少なく切り込みが多く取れますのでおのずと成形スピードが速くなります。

鉄と比較すると、ワークをくわえた際に傷つけにくいのでアルミ製部品の品質向上になります。材質はジュラルミンを採用しているので成型部はだれにくく、生爪作業に十分な強度を備えてます。六角子爪1個あたりで多くのカドが使えますので、アルミは性能と共にコストパフォーマンスに優れます。

汎用旋盤スクロールチャック用アルミ製六角生爪、鉄製六角生爪

ページ上部へ戻る