ごあいさつ

弊社は旋盤士だった父親が昭和23年から東京都大田区で個人創業し現在も旋盤加工屋として金属部品加工をしております。

私自身18歳で高校卒業以来、旋盤の前に立ち続けてまいりました。現在66歳ですが、今も社長業と共に現場で加工に取り組んでおります。

旋盤の生爪に関しては、父の代から様々な工夫をしてきました。日々の仕事で使っていた六角形の生爪は2カ所成型のものでした。冶具として完成度を高めるために試行錯誤を繰り返してこの形になりました。

現場の職人は道具や技術を追及していくものだと思います。カメチャックはボルト1本で交換可能なので効率があがります。また生爪の保管スペースが減ったことも整理整頓が大事な現場では重宝しています。

そんな私と同じようなお困りごとを持っていらっしゃる方々に使っていただきたいと思っております。

カメチャックを使用していただくことにより、少しでも旋盤作業やマシニング・フライス加工などで効率があがり、コスパの面でお役に立てればと思う次第です。

有限会社大野精機 大野義栄

ページ上部へ戻る